top of page
  • yusuke-jimbo

第37回呉羽高校管弦楽部定期演奏会の動画が公開されました

更新日:2021年10月18日

先日2021年8月11日に行われた第37回呉羽高校管弦楽部定期演奏会の模様がYoutubeにアップされました。




5:45イタリア奇想曲 作品45 P.チャイコフスキー 作曲

23:31アランフェス協奏曲 J.ロドリーゴ 作曲

53:52交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」 A.ドヴォルザーク 作曲

1:42:45行進曲 威風堂々 第1番 E.エルガー 作曲


ちなみにアランフェス協奏曲が世界初演された時のプログラムが



ドヴォルザーク作曲 交響曲第9番 作品95 「新世界より」

ロドリーゴ作曲 アランフェス協奏曲

レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ(アランフェス協奏曲のソリスト)によるギターソロ


アンコール アランフェス協奏曲より第2楽章


だったそうで偶然にも今回の定期演奏会と同じカップリングでした。


普段は録音されたり録画されるのは苦手で、自分の演奏動画はほとんど見ないのですがこの動画は何度も繰り返し見ています。このような綺麗な映像で残していただき本当に良かったと思います。



またギタリストだけでなく主役である高校生たちにもスポットライトが当たっており優れた

影像作品になっています。


僕が中学生の時はロドリーゴのアランフェス協奏曲は音楽の教科書に載っていましたが、数年前に音楽の教科書の指導要綱から削除されたらしく今の高校生にとっては全く馴染みのない作品だっと思います。頑張って弾いてくれました。



是非ご覧ください!!



#呉羽高等学校#管弦楽部#イタリア奇想曲#チャイコフスキー#アランフェス協奏曲#ロドリーゴ#新世界より#ドヴォルザーク#威風堂々#エルガー


↑このハッシュタグ郡意味あるのかな?#神保侑典









閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年1月22日高志の国文学館での「朗読と音楽の集い」も近づいてきました。この日朗読される川端康成の小説「みずうみ」について少し書きたいと思います。 今更説明の必要はありませんが川端康成(1899-1972)は日本の小説家、文芸評論家。1968年にノーベル文学賞受賞。代表作に「雪国」「伊豆の踊り子」など。 以下斜め文字はWikipediaの小説「みずうみ」の項より引用 『みづうみ』は、川端康成

bottom of page