top of page
  • yusuke-jimbo

第37回呉羽高校管弦楽部定期演奏会のお知らせ



2021年8月10日、11日とオーバード・ホールでの第37回呉羽高校管弦楽部定期演奏会でロドリーゴのアランフェス協奏曲を客演します。


オーバード・ホールは2000人収容の大ホールですが当日は人数制限があります。


また入場券には日付指定がありますのでご注意ください。当日券も発行されますが、オーバード・ホールは広いので当日はお早めに来場されることをおすすめします。


指揮はラジオなどでも度々名前を出している呉羽高校の稲場一郎先生です。稲場先生もドイツのケルン音楽大学アーヘン校に留学しており、僕に佐々木先生を紹介してくださった大恩人でもあります。また高校時代は僕も呉羽高校の管弦楽部に在籍していたので恩師の指揮のもと後輩たちと共演出来る大変特別な演奏会です。僕の人生のハイライトになるでしょう。


富山県の音楽史、ギター史に残るような演奏会になるよう頑張ります。


入場料は格安の500円。たった500円でオーケストラとアランフェス協奏曲の生演奏が聴けます。この機会を聴き逃しなく!



7月23日の初合わせの様子です。

閲覧数:234回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年1月22日高志の国文学館での「朗読と音楽の集い」も近づいてきました。この日朗読される川端康成の小説「みずうみ」について少し書きたいと思います。 今更説明の必要はありませんが川端康成(1899-1972)は日本の小説家、文芸評論家。1968年にノーベル文学賞受賞。代表作に「雪国」「伊豆の踊り子」など。 以下斜め文字はWikipediaの小説「みずうみ」の項より引用 『みづうみ』は、川端康成

bottom of page