top of page
  • yusuke-jimbo

6月の演奏会のお知らせ2&コンサートを聴いてきました

6月2日石川県野々市市での現代音楽のコンサートに引き続き演奏会のお知らせです。





2024年6月22、23日とそれぞれ小松、金沢でタイの現代音楽アンサンブルを迎えての合同コンサートに出演します。今回のために作曲された委嘱新作も演奏します。またこの1週間前にはタイのバンコクでも同内容のコンサートに出演します。日本に帰ってから6年くらい外国に行ってなかったので久々の飛行機不安です。タイに行くのなら本場のムエタイ(もちろんラジャダムナンかルンピニーで)を見れたらいいなとか思ってたんですが、短い滞在なので無理そうです。


6月29日(土)にも石川県羽咋市で演奏会があります。


3部構成のコンサートで、現段階では第2部と第3部に出演する予定です。ギターソロで禁じられた遊びを弾きますが、他の出演者の方とのアンサンブルもあります。今回初めて共演させていただく方も多く楽しみです。



また5月26日(日)にはギタリストの藤元高輝くんのコンサートを聴きに新潟県上越市まで行ってきました。




プログラムはバッハ作曲プレリュード・フーガ・アレグロBWV998、リョベート編カタロニア民謡集、タレガ作曲ヴェニスの謝肉祭による変奏曲、ブローウェル作曲カンティクムにクラウゼ編曲のドビュッシー、自編のラヴェル、武満徹の12の歌からの抜粋など大変バラエティに富んだものでした。演奏も彼が10代のころから知っていますが(最後に直接会ったのは10年以上前だと思います)本当に素晴らしい演奏会でした。新潟県は隣なので近いイメージがありますが下道だと片道3時間くらいかかりました。ですが富山県から新潟県への道は日本海が一望できて個人的には好きですし、全然苦にはなりませんでした。会場へ向かう途中に「春日山城跡」の看板を見たときには寄っていきたい衝動に駆られましたが時間もなかったため我慢しました。小学校のときに春日山城と林泉寺に行ったことはありますが、大人になってから行くとまた違った感動があるのではと思います。また今度時間の余裕があるときに訪れたいと思います。


今回のコンサート開催のために尽力してくださった山岸さんのはからいで、打ち上げにも参加させていただき高輝くんとも久々に話せてとても嬉しかったです。昔話にも花を咲かせ、佐々木先生の近況を聞くこともできました。打ち上げの席で高輝くんが「信玄餅みたいな」という言葉を発したときに山岸さんが「ここは上越だから上杉家なんだよ」と返したのが個人的には楽しかったです。新潟県と山梨県もしくは長野県が仲が悪いということは決してありませんが、地元の人からすれば上杉謙信と武田信玄はライバルなんだなと実感しました。

余談ですが以前YouTubeで歴史系の動画をあげてるチャンネルの方が「武田二十四将全員の墓を訪れたことがある」と語っていて世の中にはとんでもない強者がいるなと思いました。


ブローウェル作曲カンティクムについて「現代音楽を聴いてみて楽しくないとか嫌いとか思ってもいいんです。まずは聴くこと、体験することが重要でありその結果好きじゃなかったという感想になったわけですから。聴いてみないと面白いかどうか、好きかどうかもわからない。いろいろ聴いたり経験すること、そういう機会を提供したり聴きに来てもらうことが重要なんです」という意味のことを言っていましたが本当に説得力があります。演奏会の内容はもちろん、打ち上げの席で彼とも話せて本当に聴きに行ってよかったと思いました。ボクシングでいえば井上尚弥のような日本人ギタリストの究極形、完成形だと思います。打ち上げに誘っていただいた山岸さん、またコンサートを主催された「夢をかなえる会」の五十嵐さんどうもありがとうございました。


高輝くんのコンサートで大変刺激を受けました。年始のブログでは「今年は本番は5~7回くらいにしたい」とか書いておきながら6月だけで6回本番がありますが、たくさん練習していい演奏をしたいと思います。



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page