top of page
  • yusuke-jimbo

ソロリサイタル終了しました

昨日4月24日土曜日北日本新聞ホールでのソロリサイタル~オールバリオスプログラム~終了しました。

緊急事態宣言が出された都市もあり、もう少し時期が遅ければ開催できない可能性もありましたが人数制限の範囲内でたくさんの方に来ていただきました。


プログラムは


マドリガル

告白のロマンサ

悲しみのショーロ

君の面影

ワルツ第3番

ワルツ第4番


休憩


大聖堂

最後のトレモロ

マズルカ イ長調

情熱のマズルカ

春のワルツ

森に夢見る


アンコール:フリア・フロリダ


でした。



こうやって書き出すと本当にバリオスは作風が多彩な上にいい曲が多いですね。やはりバリオスはクラシックギターでは人気の作曲家だと再認識しました。本当にギターや音楽が好きな方ばかりが集まったコンサートになったと思います。


バリオス以外にも優れた作曲家やいい作品がたくさんあるので、このような時代ですがギターのコンサートに是非足を運んでいただけると嬉しいですね。


時期は未定ですが滑川市、上市町、立山町のケーブルテレビで今回のリサイタルの模様が1時間に編集されて放送されます。5月後半か6月になる予定だそうですが、詳しく分かり次第お知らせします。

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年1月22日高志の国文学館での「朗読と音楽の集い」も近づいてきました。この日朗読される川端康成の小説「みずうみ」について少し書きたいと思います。 今更説明の必要はありませんが川端康成(1899-1972)は日本の小説家、文芸評論家。1968年にノーベル文学賞受賞。代表作に「雪国」「伊豆の踊り子」など。 以下斜め文字はWikipediaの小説「みずうみ」の項より引用 『みづうみ』は、川端康成

bottom of page