top of page
  • yusuke-jimbo

オーボエとのコンサート終了しました

2021年12月26、27日新潟県新潟市ギャラリー「蔵織」でのオーボエとのコンサート終了しました。


留学時代の友人でもある共演者の大木さん、主催者でもあるコンチェルトの佐藤さんにはこの場を借りてお礼申し上げます。バロック、ラテン両方のプログラムを聴きに来てくださった方も何人もおられたようでありがとうございます。


コロナ禍の中ではありますが新しい出会いや共通の友人をもつ方々と知り合うこともでき、大変有意義な時間でした。



プログラムは


26日オールバロックプログラム


バッハ: フルートソナタBWV1033(オーボエ&ギター)

バッハ: 無伴奏チェロ組曲BWV1012(ギターソロ)


休憩


テレマン:2つのファンタジー(オーボエソロ)

テレマン:オーボエソナタ(オーボエ&ギター)


27日オールラテンプログラム


ピアソラ:リベルタンゴ(オーボエ&ギター)

イベール:間奏曲(オーボエ&ギター)

ヴィラロボス:花の分布、ブラジル風バッハ第5番よりアリア(オーボエ&ギター)

アルベニス:アストリアス(ギターソロ)


休憩


タレガ:アルハンブラの思い出(ギターソロ)

ピアソラ:タンゴの歴史(オーボエ&ギター)



これからオーボエの大木雅人さんのチャンネルでコンサートの模様がアップされていく予定ですので、またそちらのほうもご注目ください。





閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年1月22日高志の国文学館での「朗読と音楽の集い」も近づいてきました。この日朗読される川端康成の小説「みずうみ」について少し書きたいと思います。 今更説明の必要はありませんが川端康成(1899-1972)は日本の小説家、文芸評論家。1968年にノーベル文学賞受賞。代表作に「雪国」「伊豆の踊り子」など。 以下斜め文字はWikipediaの小説「みずうみ」の項より引用 『みづうみ』は、川端康成

bottom of page